シートが閉じると同時にレール内部に搭載されたフラップが閉じ、レールとシートの隙間を無くすスイングレールシステム搭載。

万一シートに接触した場合、レールからシートが外れます。
さらに、外れたシートは上昇させるだけで自動的に復帰します。
(映像は撮影のためセンサーの機能を止めて撮影したものです。)

真下への接触だけでなく、前後方向の接触にも対応、万一の接触にも素早く反応し、シートを反転上昇させます。
KU11のスピードを超える秒速2mの上昇スピードを実現。
これまで以上に開放時間が短縮され異物の混入や室内環境の変化を最小限に抑えます。
操作や設定はすべて操作パネルで行え、周辺機器の状態も簡単にモニタリングできます。そのため、扉を開けて内部を操作する必要が無く感電や設定ミスなどの無い安全なコントローラーです。

オプションで通信機能・外部機器接続機能を搭載、インターネットを利用してシャッター周辺の温度監視(温度センサーが必要)
シャッターの開閉モニタリング機能を利用することで出入り口の開閉管理に役立ちます。
開口部の幅いっぱいにセーフティーウィンドウを標準装備。シートを閉じた状態でもシャッター周辺の状態が確認でき、安全に作業を行えます。